• Nobuhiro Takayama

お腹の大切さについて(その1)

更新日:2021年11月24日

こんにちは!

笑顔になれる整体 コアチューニング®スタジオ 笑門(えもん)の髙山のぶひろです。


今回は身体の骨格構造上、お腹の大切さについてお話しします。

体幹部分の骨格構造をイメージしてみてください。

※体幹部分は頭と両腕、両脚を除く、胴体の部分です。

その体幹部分は、胸(胸腔)と腹(腹腔)に分かれています。


胸は胸椎、胸骨、肋骨と骨格だけ立てる安定した構造になっているとイメージできますよね。


対して、腹はどうでしょうか?

骨格としては腰椎だけですよね。

柱一本なので「安定感悪る!」って感じですね。


じゃぁ、どうして支えているのか?

ちゃんと替わりがあるんですね〜

それは…腹腔内圧(腹圧)です。


腹圧が低下して悪い状態になると、腰椎への負荷が大きくなって、腰椎のズレにつながる危険性が高まります。


お腹って…

姿勢を良くするのに重要な役割りを担っているのです。

真っ直ぐに立てていますか?

腹圧を良い状態にする方法として、

コアチューニング®をオススメします!

カバー画像は奈良県御所市の九品寺付近に咲く彼岸花(撮影:2021年9月)



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示