• Nobuhiro Takayama

お腹の大切さについて(その2)

更新日:2021年11月24日

こんにちは!

笑顔になれる整体 コアチューニング®スタジオ 笑門(えもん)の髙山のぶひろです。 今回はお腹の大切さについて、 前回とは違う観点でお話しします。 お腹(腹腔)の中には、 生きていくために、大切な内蔵(胃、腸、肝臓、腎臓、膵臓など)が収まっていることはご存知ですね。 このお腹…腹腔内圧が低下してしまうと、 どうなると思いますか? 腹圧と内蔵機能 腹圧が低下すると、 先ず内蔵が下垂してしまいます。 そして、下垂した内蔵は圧迫しあい、酷くなると癒着を起こしてしまいます。 このような状態になると血流も悪くなり、内蔵機能が低下して、自然治癒力や自己免疫力が低下します。 病気にかかりやすくなってしまうと言えます。 内蔵機能と回復力 一日の疲れ(ダメージ)を睡眠時に復旧しようとしています。 復旧は内蔵から始まります。 腹圧の低下で内蔵機能が落ちていると、睡眠時の復旧が終わる前に目覚めることになるので「目覚めスッキリ」とはならず、疲れが残っちゃいます! 腹圧を調えると回復力がアップ つまり、お腹(腹圧)を調えて良い状態にする事で、内蔵機能が活性化して、回復力がアップします。 お腹って大切ですよね! 腹圧を調えるコアチューニング®を日々の生活に取り入れましょう。 カバー画像は奈良県北葛城郡河合町の馬見丘陵公園のコスモス(撮影:2020年10月)



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示