• Nobuhiro Takayama

横隔膜って知ってますか?

こんにちは!

笑顔になれる整体 コアチューニング®スタジオ 笑門(えもん)の髙山のぶひろです。


今回は横隔膜についてのお話し。


横隔膜は胸腔と腹腔の境にある膜状の筋肉(インナーマッスル)で、呼吸に使われる筋肉(呼吸筋)のひとつです。


横隔膜が縮むと胸腔が広がって、肺の中に空気が入り息を吸うことができます。逆に緩むと胸腔が縮み、肺の中の空気が押しがされ息を吐くことができます。


横隔膜の柔軟性は体内に摂り込む酸素量に影響

柔軟性が失われると、正常時に比べ酸素摂取量が4分の1に減少すると言われています。

これは富士山山頂に居るのと匹敵するレベルです。

高山病を起こすレベルです。

日々、徐々に減少しているので慣れていっているだけ。

酸素摂取量が少ないことには変わりなく、身体は酸欠状態なのです。


横隔膜の柔軟性は大丈夫?

深く息を吸って、ゆっくり息を吐く。

何秒吐き続けられますか?

10秒吐き続けられますか?

吐き続けられないようであれば、

横隔膜の柔軟性が失われているかもしれません。

日頃、浅い呼吸しかできていないと思われます。

意識して深い呼吸を

止まると即、死に直結する呼吸を意識して行っていますか?

深い呼吸をした記憶ありますか?

意識して深い呼吸を行うようにしてください。

腹式呼吸は横隔膜を動かす呼吸法です。

鼻から3秒かけて息を吸う時にお腹を膨らませ、口から息を吐く時に10秒かけてゆっくりお腹を凹ませていきます。


続けてみてください!

腹式呼吸を意識して行うコアチューニングを是非!



カバー写真は、仙台に向かう機内から撮った富士山。雲から頭を見せてくれていました。

富士山って、何故か惹かれますね。

(撮影:2021年10月)

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示